野村紘一の梅雨の料理特集!これで乗り切る!

野村紘一

さて、今回は、「野村紘一の梅雨の料理特集!これで乗り切る!」と第して、季節にフォーカスしてコラム記事を書いていきたいと思います。

 

梅雨の料理

長かった梅雨があけ、これから暑い夏が本格的にやって来ます。特に今年は、毎年猛暑が続くなかでも超猛暑だという情報が流れています。ぜひいつも以上に、暑さに対抗できるように気を付けたいものです。

そこでフードコーディネーターとしては、やはり暑さ対策として、夏に最適な料理を食べて、暑さに負けない身体を作ってもらいたいと考えます。

暑い季節に良いものと言えば、酸っぱいものです。お酢やレモンなどの酸味には、疲労回復の作用があるためおすすめですが、さらにおすすめしたいのは、梅干しです。梅干しには疲労回復のためのクエン酸だけではなく、塩分も含まれていますので、汗を大量にかいて不足しがちな塩分補給にも役立ちます。

さらに蜂蜜漬けにした梅干しならば、一緒に糖分も補給できて、熱中症対策にもなるのです。

そこで、定番にはなりますがキュウリをそのまま叩いて、梅の梅肉と和えた簡単料理はいかがでしょうか。キュウリには全体の90%以上という水分を豊富に含んでいるため、水分補給にも最適です。

さらに梅干しとの相性が良いのは、キュウリにはカリウムが含まれている点です。カリウムは、余分な塩分や水分を排出する効能を持っています。梅干しから塩分を補給しながらも、余計な分はちゃんと排出してくれることになるのです。

そして、ちょっと不思議に思うかもしれませんが、そのほとんどを水分で構成しているにも関わらず、余計な水分を排出する効果があるため、水分をとりすぎてむくんでしまった場合にも、最適なのです。

何てありがちな料理だと思った人も、フードコーディネーターの解説で納得していただけたならば、ぜひ取り入れてみてください。

 

野村紘一がおススメする!中華料理で体を元気に!

梅雨もあけて、これから本格的な夏がやって来るという時の対策としては何が良いのでしょうか。
毎年今年は猛暑という情報が事前にありますが、これだけ毎年猛暑と言っているのであれば、それはもう猛暑ではなく普通の夏なのではないでしょうか。

しかし、 今年はひと味違って、超猛暑らしいです。そんな暑い夏に最適な料理を、フードコーディネーターのがおすすめします。

夏の暑い時期には、身体を動かしていなくても身体が疲弊してしまいます。そして、ちょっと外出すれば大量の紫外線を浴び、肌も疲れてしまいます。また、暑いと頭もぼーっとして、働かなくなります。

そんなときには、中華料理で有名な酸辣湯麺をぜひ食べてください。酸辣湯麺には、お酢と胡椒がたくさん使われていて、辛くて酸っぱい独特の味わいが特徴です。

お酢は疲労回復に欠かせない食材で、疲れた身体と頭を癒してくれます。また、胡椒が食欲を増進させて、身体の元気を取り戻す力になってくれるのです。さらに夏の暑い時期には、なかなかご飯が進まなくなってしまいますが、麺ならば意外と食べやすく、口に運びやすいのです。

暑いと何かと冷たいものばかり食べてしまいがちです。フードコーディネーターとしては、暑いからといって冷たいものばかり食べずに、温かいものもぜひ食べてもらいたいと思います。

実は現代では、冷房などによって夏でも身体が冷えていることが多くあります。そこに冷たいものを良く食べると、胃に負担がかかって余計に身体の元気がなくなってしまうのです。それを解消してくれるのも、酸辣湯麺の良いところです。

 

ドライカレーで乗り切ろう!

ここ最近は暑さが厳しい春を迎えていますが、今年は例年以上の猛暑だとメディアから良く聞きます。ということは、例年以上の暑さ対策と熱中症対策が必要だということです。

フードコーディネーターとしては、食べ物から対策をしていきたいといつも思っています。そこで、夏に最適な料理をご紹介させていただきます。

暑い時期には、何かと食欲が落ちてしまいがちです。そんなときに最適なのは、夏野菜を使用したドライカレーです。カレールーがたっぷりと入った定番カレーだと、熱々で夏には食べづらい時もあります。

しかしドライカレーにすれば、食べやすい一品になるのです。豚肉にはビタミンB1が含まれており、このビタミンB1が吸収されると、疲れのもととなる乳酸をエネルギーに変える働きがあります。

そのことから疲労回復には最適な食材になるので、ぜひとりいれたいところです。しかし、食欲がないときに塊の肉を食べるのは、少し抵抗があるものです。

そこでドライカレーとして挽き肉を利用すれば、カレーのスパイシーさも加わって食べやすくなるのです。さらに野菜には、オクラやズッキーニ、トマト、なす、かぼちゃなどの旬の夏野菜を使用すれば、暑い時期に必要な栄養が一緒に補うことができるので、うってつけの一品になるのです。

トマトはピューレを使用してルーに溶かし込むと、酸味が加わってさっぱりとし、より食べやすくなります。
フードコーディネーターがおすすめする夏料理は、栄養のバランスも良い夏野菜のドライカレーです。